本校の在校生1名が、新型コロナウィルスPCR検査の結果、陽性との報告がありました。
札幌市保健所からの指示・判断に従い対応を進めた結果、次のように対応をいたします。

なお、正しい情報発信と判断により、風評被害や憶測による二次被害を避ける必要がありますので、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

1.当該学生に関する情報
症状は発熱とのどの痛みがあり、現在ホテルで療養中。

2.保健所の判断
保健所のヒアリング結果により濃厚接触者は2名と判定されており、対象学生には既に保健所から連絡が入っています。
濃厚接触者が特定されているため本件において休校や学校閉鎖をはじめとした、今後の特別な取り組みは不要と判断されております。

3.学校の対応
(1)当該学生の登校日における行動履歴を基に、館内当該箇所の重点的な消毒作業を実施し、既に完了しております。

(2)当該学生が所属するクラスは、5月9日までオンライン授業といたします。授業再開日に関しては5月10日(月)を予定しています。

(3)その他のクラスでも、北海道知事から発令された「ゴールデンウイーク特別対策」を受け、オンライン授業と分散登校を併用し、感染予防対策を実施しながら開講してまいります。

4.その他
今後の判断等に変更がある場合は、在校生向けに整備しております連絡網で情報発信いたします。

上記により感染した学生の個人特定の推測や、推測したことをSNS上に投稿することなどは止めてください。もしもその情報が拡散されたり、噂になったりした場合、その方を傷つけることは容易に想像できますし、その投稿された内容によっては『法に触れる』ことにもなりますので十分ご注意ください。

保護者の皆様におかれましても同様にご不安のことかと思いますが、学校といたしましても学内の感染が拡大しないように行政の指導の下、万全の態勢で臨みますので、ご理解とご支持を頂けますよう、お願い申し上げます。